MENU
2018.04.18

WordPressのドメイン・サーバ変更はAll-in-One WP Migrationが驚くほど簡単

昔はWPのドメイン・サーバ変更やテスト環境作成といった作業は非常に面倒で(悪い意味で)どきどきする作業でした。

今は「All-in-One WP Migration」というプラグインがあり、こちらが非常に便利ですのでご紹介したいと思います。

 

All-in-One WP Migrationプラグインについて

プラグインの新規追加かこちらからプラグインをダウンロードできます。

ドメイン・サーバーの変更やバックアップなどに使いますが、何故このプラグインをおすすめするかというと驚くほど簡単だからです。あと無料です。
※マルチサイトの移行や容量が多いものは有料版で機能を解放する必要があります。

 

All-in-One WP Migrationを使ったWPの引越し

それでは実際に引越し作業の手順を説明します。

 

1.引越し前のサイト(旧サイト)に「All-in-One WP Migration」をインストール

旧サイトに「All-in-One WP Migration」をインストールします。
※プラグインのインストール方法は割愛します。

 

2.引越し前のサイト(旧サイト)で「エクスポート」

プラグインを有効化し、サイドバーに追加された「All-in-One WP Migration」から「エクスポート」を選択します。

特殊な作りをしていない場合は「エクスポート先」から「ファイル」を選択することでエクスポートが開始されます。

 

※検索/置換はデータベース上で書き換えたいものがあった場合設定します。例えばURLを含むリンクなど、ドメインが変わることで不具合が発生する場合には置換を行います。

 

3.エクスポートしたデータをダウンロード

エクスポートが完了すると上記画面のダウンロードリンクが表示されますので、こちらからエクスポートファイルをダウンロードします。

 

4.引越し後のサイト(新サイト)に「All-in-One WP Migration」をインストール

旧サイト同様にプラグインをインストールして有効化します。

 

5.引越し後のサイト(新サイト)でインポート

新サイトでインポートを行います。

この画面で3でエクスポートしたデータをインポートします。

ドラッグ&ドロップでエクスポートファイルをアップロードするだけで移管が完了します。

 

6.動作確認

基本的に問題はないかと思いますが、念のため動作の確認を行ってください。

問題がなければ引越し完了となります。簡単ですね!

 

エクスポート時の補足や問題解決

エクスポート画面で上部にエラーがでることがあります。僕が遭遇したのはパーミッションのエラー文とフォルダが生成されないものでした。

もしエラー文が表示された場合、該当ディレクトリのパーミッションを変更してあげることでエクスポートができるようになります。

もしパーミッションを777などにしてもエクスポートが完了しない場合は「/wp-content/」に「ai1wm-backups」というフォルダが存在するか確認してください。

存在している場合はパーミッションを777にしてみてください。存在しない場合は「ai1wm-backups」フォルダを作成してパーミッションを変更します。

その後再度エクスポートを行ってください。

 

最後に

今回はWPの引越しプラグインのご紹介でした。
開発者の方はWPの引越しをよく行うと思いますが、もし今までこのプラグインを使ったことがない方は一度使ってみてください。

僕が業界入ってしばらくはWPのプラグインを使うよりも、手作業の方が早い場合がよくありましたが、最近はプラグインの方が安全で手軽ということも増えてきました。

まだまだ使い勝手のいいプラグインはありますので、よいプラグインに巡りあえた場合はご紹介していきますね。

スポンサーリンク
pagetop