MENU
2018.02.12

ウェブサイトの解析に役立つツール紹介

今回は僕が普段使っているウェブサイトのチェックツール関連をご紹介したいと思います。

これまでにブログ内で紹介したものが含まれておりますが、一覧で見れる記事があってもいいかなと思いましたので重複はご了承ください。

 

PageSpeed Insights

ページの速度を測るチェックサイトです。

PageSpeed InsightsにアクセスしてURLを入れるだけで、PC表示・モバイル表示をチェックしてくれます。レスポンシブ対応をしていることが前提ですが。

レスポンシブ対応はgoogleが公式に推奨しているので必ず対応しましょう。

ページ速度を上げるためには何をすればいいか細かく教えてくれますので、ひとつずつ速度が遅くなる原因に対処していきましょう!

 

GTmetrix

こちらもサイトのパフォーマンスの測定できるサイトです。PageSpeedとYSlowの両方のスコアを同時に確認できるのでこちらもチェックしておくといいでしょう。

チェックサイトURLはこちら

 

モバイルサイト速度チェックサービス

正式なサービス名が良く分からないのですが、モバイルサイトに特化したチェックサービスです。
ページタイトルが「モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする – Google」なので特にサービス名とかはないのでしょうか?笑

チェックサイトURLはこちら

PageSpeed Insights同様に速度を測ってくれますが、こちらはモバイル対応というだけあって、3G回線でのテストを行ってくれます。

また業種内の比較を行ってくれたり、無料レポートなどを送ってくれるなどのサービスもあります。

無料レポートはこんな感じで送られてきます。

こちらも改善すべき点など教えてくれますので、参考にして修正していきましょう。

AMPテスト

こちらもブログ内ですでに紹介済みですが、ウェブページがAMP化できているかチェックしてくれるサービスです。

チェックサイトURLはこちら

 

構造化データ テストツール

こちらもAMPテスト同様すでに紹介済みです。構造化データに問題がないかどうかのチェックと認識されているデータタイプなどを確認することができます。

チェックサイトURLはこちら

 

Lighthouse(Chrome拡張機能)

PWA対応状況やサイトのパフォーマンスなどをチェックすることができるChromeの拡張機能です。使ってみた感想はこちらのブログ記事で紹介しています。

Chrome拡張機能のページはこちら

 

google Tag Assistant(Chrome拡張機能)

こちらはアナリティクスやAdWordsなどの計測ツールがきちんと動いているか確認できるChromeの拡張機能です。

Chrome拡張機能のページはこちら

うまく動いていない場合はエラーを出して教えてくれますので、サイトに計測ツールを入れた場合は、必ずチェックするようにしましょう。

 

まとめ

僕の場合、フロントエンドの開発が多いためこういったツールは本当に助かっています。どれだけ気をつけていてもうっかり抜けてしまうことはどうしてもありますので。

他にも案件によってはチェックツールを使うことはありますが、今回は日常的に使うものをご紹介しました。

他にもこんないいツールがあるよ!という心優しい方がおられましたら教えていただけると幸いです!

スポンサーリンク
pagetop