MENU
2018.02.06

Web系のフリーランスをやるために必要なスキルとは

こんにちはニシハラです!

2月に入りましたね。個人事業主の方は確定申告がめんどくさく感じる時期ではないでしょうか。僕は感じてます。本当にめんどくさいです。

今回はwebのフリーランスでやっていくために必要だと思うスキルについてお話したいと思います。

一口にWebフリーランスといっても、得意分野や苦手分野、営業環境によって必要なスキルが大きく変わりますので、案件の種別毎にご説明したいと思います。

 

コーディング案件

Web業界で一番多く存在する下請け案件ではないでしょうか。

コーディング案件と一くくりにしていますが、要件によって求められるスキルや工数、予算が大きく変わります。

・HTML+CSS(必須)

コーディング案件を請けるにあたり、最低限必須なスキルとなります。

スキルによって綺麗なコードが書けるかどうか変わりますが、最低限デザインを忠実に再現できるだけのスキルは必要です。

JavaScript(必須)

こちらも最近の環境ではある程度できる必要があります。

独自のライブラリを作るほどの案件はあまりないですが、要望の多い機能を実装できるライブラリやある程度カスタマイズできるだけのスキルは必要となります。

・レスポンシブの知識(必須)

レスポンシブ対応は今や必須となっており、レスポンシブ対応が出来ないとコーディング案件で生活するのは難しいと思います。

 ・WP(できれば)

WPの組み込み含めたコーディング案件も多く、WPの知識があるかどうかで請けることの出来る仕事も変わってきます。

Webデザイン案件

デザイナー出身のフリーランスの場合、こちらが主軸になるのではないかと思います。

ただ、最近ではデザインは内製で作り、開発を外注という企業が増えているように感じます。

・デザインソフトの知識(Photoshop,Illustrator)(必須)

これは無いとデザインできないので必須ですね。

・HTML+CSS(必須と言いたい)

コーディングに関する知識がないデザイナーさんはたまに見ますが、本当にコーディングがし辛いデザインがあがってくることがあります。

コーディングし辛いということは無駄な要素・工数が増えるため、クライアントや下請けからの評価が下がる要因となります。

また画像ばかりのデザインの場合、ページの表示速度の低下など致命的な問題に繋がります。HTML+CSSでデザイン出来るか否かを考えたデザインを行う必要があります。

・レスポンシブの知識(必須と言いたい)

レスポンシブの知識も同様に、PCとスマホで要素の位置がバラバラであったり、デザインの統一性や必要性がない無駄な要素がある場合、開発も管理も余計なコストを産むことになります。

 

 

WP開発案件

こちらもフリーランスでは良くある案件だと思います。

正直要件によってかなり内容に差が出てくるので表現が難しいのですが、ここでは一般的な規模の開発案件としてご説明します。

WordPressを用いた開発はフリーランスをやっていると結構な数、案件のお話を頂くことがあります。

正直なところ単価も他と比べて良いことが多いため、WP開発案件を主力としてるフリーランスの方は多いかと思います。

・WPの知識(必須)

WPのスキルに関しては、どのくらい必要と定義するのが難しいのですが、設置は当然として、テーマのカスタマイズカスタム投稿カスタムタクソノミー主流なプラグインの知識は最低限必要かなと思います。

 

サイト製作一式

直接のクライアントまたは営業に同行してのディレクションを行う案件です。

打ち合わせから企画、開発(案件によっては保守・運用含む)までやることになりますので、サイト製作に関する全般的な知識が必要となります。

開発を外注に依頼しない場合、フロントエンドの知識とデザインの知識が必要になるほか、ディレクションやSEO、マーケティングに関する知識も当然必要となります。

また開発を外注に依頼する場合も見積もりや成果の確認などで知識は必要となります。案件によってはWPや他CMS、システム開発知識なども求められます。

サイト製作全てを請け負う場合は、下請けの開発案件に比べて多くのスキルを要求されることとなります。

 

案件に関わらず必要となるスキル

上記は案件を請けるにあたり必要なスキルとなります。

ただ、フリーランスでやっていくためには技術だけがあれば良いというものではありません。

・コミュニケーションスキル

言わずもがなですが、決してクライアントや同業者と仲良くするという意味ではありません。

日々の案件の打ち合わせや連絡、要件確認やスケジュールの調整など、仕事を円滑に進めるために必要な能力だと思います。

電話やメールの返信が遅かったり、リモート上だけのやり取りに終始する、説明が伝わらない・伝えられないなど、そういったコミュニケーションが不足すると、お互いに仕事が辛いものとなります。

フリーランスでなくとも必要な能力ですが、フリーランスでは特に必要になるスキルだと思います。

・スケジュール管理

こちらも特に大事なものだと思います。納期に間に合わないといった致命的なものは勿論、ギリギリの納品、進捗の確認・連絡が付かないなどは論外だと思います。

ただ、案件によっては想定外に長引くこともありますので、スケジュールに不安が生じた場合、早めに調整の連絡を入れることが大事です。

 

最後に

今回は案件ごとにスキルを書き出してみました。

同業者の方の中には、記載したスキルだけでは不十分だと感じるところもあるかと思います。僕自身も本当に最低限だと思うものを書きました。

Webのフリーランスの方のスキルは本当にピンキリです。

「こんなこともできないのにフリーやってるの?」と思うような人が案件を沢山回していたりもしますし、スキルがあっても仕事が無いフリーランスの方もいます。

スキルがなくても仕事を作りだせて、クライアントに満足する商品を提供できていればそれもいいと思います。

ただ、僕個人としては常に自分のスキルを磨いて、いい提案といい仕事をしていきたいと考えています。

フリーランスを始めたばかりの人や、今後フリーランスを目指す方にとって参考になればと思います。

スポンサーリンク
pagetop